前へ
次へ

野菜は無駄にすることなくきれいに食べ切っています

購入した食材はできるだけ無駄にしたくないので、きちんと食べ切るようにしています。
たとえば、少しだけ残ってしまった野菜は細かく刻んで保存袋に入れておき、週末にまとめて野菜スープを作っています。
ほんの少しだけ残ってしまったニンジンや大根などの野菜を細かく刻んで保存しておけば、ある程度まとまった量になったときに、さっと野菜スープを作ることができます。
コンソメ味の他、そのときの気分に合わせてお好みの味でスープを作っているので、飽きてしまう心配もありません。
野菜を無駄にすることなくきれいに使い切ることができますし、野菜不足を解消できる手軽な一品なので気に入っています。
ちなみに、ピーマンのヘタを切り取ったときはそのまま捨ててしまわず、ヘタの周りの食べられる部分を細かく切り取って、チャーハンを作るときに入れています。
野菜をきれいに食べ切ることはゴミの削減にもつながるので、これからも無理のない範囲で続けていきたいです。

Page Top